使用期限にも注意

良く、SNSなどでワンデーのカラコンを捨てるのがもったいないから、洗浄して翌日に使用している、みたいな書き込みを見るのですが、これはかなり危険な行為です。本当にもったいないと思ったからなのか、それともちょっと注目されたいからそうしているのか分かりませんが、カラコンの使用期限は必ず守るようにしましょう。

カラコンの場合は色素が落ちて目に付着してしまう可能性もありますので、期限を越えての使用は失明の恐れもある大変危険な行為です。もったいなくとも、使用期限を越えた時点でそのカラコンは処分してしまいましょう。

また、使用期限があるものにはカラコンの保存液も挙げられます。期限を越えてもまだケースに入れておいて、コンタクトをそれに付けて保存すると、汚れや雑菌を全く落とすことができませんし、むしろこれまでの汚れや菌をもう一度目に付けてしまうような行為でもあるのです。

こちらの場合も眼障害になってしまう可能性がありますので、要注意です。何はともあれ、カラコンを使う際にはケチなことは思わずに、使用期限が過ぎた物は絶対に使用しないように心掛けることが、目の健康を守るためにも何よりも大切なことだと言えます。とても大切なことですので、忘れないようにしましょう。